業務 チャットで効率化!【他のシステムとの連携を視野に】

最新記事一覧

BCPへの対応

男性

ITの活用

東日本大震災以降、企業においては事業継続が重要なテーマになっています。災害の発生に際してはまずは自らの身を守ることや家族の安否確認が重要なテーマとなっています。携帯電話やスマートフォンの普及に伴い安否確認のシステムを導入する企業が増加しています。安否確認システムは固定電話よりも災害時に通話がしやすくはなっていますが、回線が混雑すると通じにくくなるので注意が必要です。安否確認の重要なことが導入した企業の従業員及びその家族に周知徹底することが必要となります。特に家族においては普段から安否確認のマニュアルを持ち歩くくせをつけることが緊急時での対応に役に立ちます。企業においては従業員に安否確認の訓練を定期的に行うことによって迅速な対応が可能になります。安否確認が災害時に行う初動作業であって、その後の災害対策に繋がることがより重要となっています。災害時のルールとしては従業員が仕事をしている日中に発生した場合と勤務時間外に発生した場合では大きく異なりますので、事前に対応を細かく設定しておく必要があります。特に勤務時間外には発生した場合には緊急動員の対象者の選定や集合場所を決めておく必要があり、企業によっては発生場所によって対応が異なるケースが想定されることになります。安否確認は訓練を繰り返し行うことによって大幅に時間短縮を行うことが可能となりますので、この成否がその次の迅速な行動に繋がり、企業のBCPとなります。