業務 チャットで効率化!【他のシステムとの連携を視野に】

最新記事一覧

目的に合わせた資産活用

PC操作

資産管理業務を軽減

企業内には多くの資産があります。現金預金から売掛金、販売するための商品の他固定資産などもあります。それらの資産をうまく利用して運営していく必要があります。その中でも重要性が高いのがお金になります。お金が無ければ支払いなどに使えません。一方でお金としてそのまま持っていては価値を増やすことができません。支払いとして使えるようにする一方でストックしているお金を利用して資産活用する必要があります。これまでは、社内の資産活用は社内の専門部隊が行っていました。財務部門や投資部門などです。それらの部門が無ければ金利の低い定期預金などで行う会社もあったかもしれません。そこで利用したいのがフィンテックによるサービスです。通常資産運用を金融機関に依頼すると、人件費などがかかるために高い手数料がかかります。運用はうまくいっても手数料が多いのであまり増やせないときもありました。フィンテックは非常に少ない手数料で利用できます。本来人が情報収集などをして適切な投資先を選びますが、フィンテックはITの力を駆使して投資先を選びます。一旦投資に対する目的などを登録しておくと、それ以降は人が介入することなく自動的に運用をしてくれます。フィンテックでは人件費が掛かりにくいために手数料が安めに設定されていて、かつ人が運用しているのと同様の運用成果も得ることができます。社内で資産をそのまま放置していた会社などにおいては、うまく活用できる方法として注目を浴びています。