業務 チャットで効率化!【他のシステムとの連携を視野に】

最新記事一覧

増加する被災に備える

会社

従業員の状況把握のために

最近では、日本各地で大雨や台風により、被災するケースが増加していて、安否確認の必要性が増しています。全国展開しているある程度の規模の企業になると、安否確認システムの利用が不可欠になります。安否確認システムの機能として、災害発生時に、全社員に対して、安否状況を返信してもらうためのメールを一斉送信できる機能があります。災害によっては、地域を限定したいこともありますので、送信できる範囲を限定することもできます。また、気象庁からのデータと連携して、自動送信されるシステムもあります。従業員の登録も必要となりますので、電話番号やメールアドレス等の情報を登録することになります。1件毎に従業員登録するのは手間なので、所定データで一括取込みできる機能もあります。管理者が報告状況を確認する情報集計機能もあり、災害発生時に迅速に状況把握できるようになっています。安否確認システムは数多くの企業がサービス提供していて、どれを選択すべきか迷ってしまいます。選択時のポイントとしては、パソコン、スマートフォーン、ダブレット等のマルチデバイス対応していることがあげられます。意外な盲点として、従来型の携帯電話であるフィーチャーフォンが未対応になっていて、困ってしまうケースがあります。また、サービスを提供しているサーバが被災しては、システムを利用することができませんので、サーバが複数拠点で点在していることもポイントとなります。ただし、サーバ所在地を非公開にしているシステムもありますので、必ずしも確認できる訳ではありません。やはり、災害発生時に正確かつ迅速に状況把握できることが重要なので、情報集計機能の見やすさも重要となります。