業務 チャットで効率化!【他のシステムとの連携を視野に】

最新記事一覧

男性

BCPへの対応

東日本大震災以降安否確認のシステムを採用する企業が増加しています。安否確認は企業のBCPのための初動活動であり、訓練のよって時間を短縮することがその後の迅速な災害復旧・復興活動に繋がりますので家族を含めて日ごろの心構えが重要です。

PC操作

目的に合わせた資産活用

会社にはお金などの資産がありますが、それらの運用にはコストがかかります。フィンテックは人に代わってITの力で効率的に投資を行う仕組みで、人が関わらないのでコストが安くなります。安く資産運用をするのに使えます。

テレビ会議

効率的な面接をしよう

効率的に人材を採用したいなら、テレビ電話面接を使って無駄な時間をできる限り減らしましょう。なお、無料で使えるテレビ電話面接ツールもありますが、体裁を考えるなら、有料で契約するものを導入したほうがよいです。

チャット

文章でやりとりをする

業務を行う上で連絡は欠かせないものですが、連絡の手段においてチャットを導入するのも方法です。チャットであればやりとりしたものは文章として記録され、あとから検索することが容易になり業務を円滑化することができます。

会社

増加する被災に備える

東日本大震災発生直後、安否確認の必要性が増し、さらに、最近の大雨や台風による被災するケースの増加に伴い、その必要性は増しています。安否確認のためのツールとして、安否確認システムをあげ、その機能や選択時のポイントを紹介しています。

ITツール導入時の注意点

吹き出し

他のシステムとの連携

業務用の連絡手段として、チャットシステムを導入する企業が増えてきていますが、ここでは導入時に気をつけることを纏めていきます。まず最初にチャットシステムを単体で導入するか、他のシステムと連携することも考えて導入するかということを、決める必要があります。もちろん単体で導入することでも、通信手段の多様化になりますので、それだけデメリットはありますが、企業で利用するので、他の業務システムと連携を視野に入れるべきです。どのような業務システムと連携させるかですが、これはチャットシステムの製品によって、かなり幅があります。そこでチャットシステムを業務で使う際の利用イメージをあらかじめ作っておくと、社内での展開もしやすいはずです。たとえばメールシステムと連携することで、チャットの履歴を保存したり、その内容からメールを作成することも可能です。次にこれはよく使われるのですが、スケジュール管理と連携させることで、より良い連絡を実現することが可能です。メールや電話では相手先の都合がわからないという問題がありますが、スケジュールと連携させやすいチャットはそれを改善できるのです。プレゼンス機能などと呼ばれるのですが、連絡したい方のスケジュールをみて、会議中や外出中であれば、それを知らせるのです。これによってチャットすべきではないと判断させるようにして、メールなどの他の通信手段に変えることもできるのです。これはあくまで一例になりますが、チャットシステムを業務用の通信手段として導入する際には、是非他のシステムとの連携を視野に入れるべきなのです。